Annual Review Online
ログアウト中です。

トップページ脳・神経 > Annual Review 神経 2016

書籍詳細

Annual Review 神経 2016

Annual Review 神経 2016

【編集】 編集 / 鈴木 則宏  慶應義塾大学教授 編集 / 祖父江 元  名古屋大学特任教授 編集 / 荒木 信夫  埼玉医科大学教授 編集 / 宇川 義一  福島県立医科大学教授 編集

B5判 276頁

定価(本体9,800円 + 税)

ISBN978-4-498-22854-2

2016年01月発行

在庫なし

注目すべきトピックを厳選し,その分野の第一人者が内外の文献を踏まえて最新の進歩を展望する.定評あるシリーズの最新年度版である.





 本書「Annual Review神経」は1986年の創刊以来30年以上にわたり,神経各専門家によるレビューをまとめ,各年の神経学分野の進歩を伝えてきました.2010年版から現在の編集委員での体制となり,今回で7回目の編集となりました.
 本書の基本方針は,臨床神経学を専門とする医師を対象に,基礎および臨床研究の最新の動向を専門家に解説していただき,実地臨床の質の向上につなげることであります.神経学は非常に広汎で,その進歩をとらえるには膨大な時間と費用を要します.本書をうまく活用することにより,効率よく各分野の新しい知見を理解し,臨床の場でその知識を活用していただければと願っております.
 本書は「Basic Neuroscience」,「本年の動向」そして「各種疾患」の3つの章からなりますが,いずれの章の企画も新しく注目される知見を中心に,その道の専門家にまとめていただくようにしております.学会,研究会や厚生労働省班会議などで話題に上ったトピックスをいち早く取り上げ,新進気鋭の研究者に原稿を依頼するよう心掛けています.
 本年度の内容も豊富で,「Basic Neuroscience」では,基礎神経科学や画像脳科学の最近の動向が私たち臨床家にも理解しやすくまとめられています.必ず皆様のお役に立つものと確信しています.「本年の動向」では,まだ文献レベルにまでいっていないような極めて新しい情報も取り入れられております.「各種疾患」では,プリオン病の診断の進歩,脳血管内治療のめざましい進歩,脳腫瘍の新しい治療,頭部外傷,変性疾患,代謝性疾患,脱髄疾患,末梢神経・筋疾患などの研究の進歩,自律神経,てんかん研究の新たな展開などを中心に興味深い内容が並んでいます.これらは日々多忙を極めていらっしゃる先生方にとって,最新の病態生理の理解の一助になるものと思います.日々の臨床に本書を大いに活用していただければ,編集者一同,喜びとするところです.


2016年1月
編集者一同

すべて見る



I.Basic Neuroscience



1.神経生理

1)時計と小脳
〈山崎 匡〉
  反射運動における小脳の時間表現
  随意運動における小脳の時間表現
  小脳とそれ以外の脳部位での時間表現
  小脳における記憶の定着場所
  まとめと今後の展望
2)ドーパミンと可塑性
〈柳下 祥 河西春郎〉
  報酬予測誤差信号としてのドーパミン
  ドーパミンとシナプス可塑性
  側坐核シナプス可塑性と依存症
  今後の見通し


2.神経病理

1)Hodotopyと言語
〈前澤 聡 二村美也子 藤井正純〉
  言語性ネットワークモデル
  皮質機能について
  皮質下機能について
  展望
2)多発性硬化症は脱髄疾患か
〈中原 仁 鈴木則宏〉
  MSにおける炎症性脱髄
  MSの病態修飾薬とその効果
  MSにおける神経変性


3.生化学・分子生物学

1)運動神経疾患におけるグリア細胞の関与
〈山中宏二〉
  ALSにおけるミクログリア
  ALS病態におけるミクログリアの二面性(M1/M2仮説)
  ALS病態におけるミクログリアの活性化を制御する分子及び細胞群
  ALSとアストロサイト
  ALSとオリゴデンドロサイト
  TDP-43モデルにおけるグリア細胞病態
2)「補体C1qファミリー分子」とシナプス形成・維持
〈掛川 渉 松田恵子 柚崎通介〉
  中枢神経系におけるCblnサブファミリーの性質と機能
  中枢神経系におけるC1qLサブファミリーの性質と機能


4.画像

1)ブレイン・マシン・インターフェイス研究の最新動向
〈花川 隆〉
  ブレイン・マシン・インターフェイスとは
  BMI/BCI基礎研究の動向
  BMI/BCI臨床応用の動向
2)7 Tesla MRIによる脳画像解析
〈佐々木真理〉
  7T MRIの臨床応用
  7T MRIの技術的進歩
  7T MRIの安全性,その他


II.本年の動向

1)ALS病態におけるubiquilin2の役割
〈逢坂麻由子 伊東大介〉
  ALSとUBQLN2
  Ubiquilin2の構造
  培養細胞系でのubiquilin2の分子動態およびALS病態への関与
  動物モデルにおけるubiquilin2の動態およびubiquilin2によるUPS障害
  TBK1とUBQLN2
  今後の展望
2)ミクログリアと皮質拡延性抑制
〈柴田 護〉
  ミクログリア機能の二面性
  ミクログリアの発生・分化に関する新知見
  ミクログリアの異なる活性様式
  皮質拡延性抑制がミクログリアに与える影響
3)家族性パーキンソン病
〈松島隆史 西岡健弥 服部信孝〉
  新規の家族性パーキンソン病の原因遺伝子: CHCHD2 遺伝子
  VPS35 (Vacuolar Protein Sorting 35)遺伝子
  DNAJC13 遺伝子
  Neurodegeneration brain iron accumulation(NBIA)
4)デュシェンヌ型筋ジストロフィーに対するエクソン53 スキップ薬開発の試み
〈青木吉嗣 武田伸一〉
  デュシェンヌ型筋ジストロフィーとベッカー型筋ジストロフィー DMDを対象にした治療法開発の現状
  DMDを対象にしたエクソン53スキップ治療法開発の現状
  DMDを対象にした治療法開発の課題
  DMDを対象にした治験の課題
5)ミトコンドリア脳筋症MELAS の脳卒中様発作に対するタウリン療法の開発
〈砂田芳秀〉
  MELASはtRNAのタウリン修飾異常症
  タウリン欠乏とMELASの類似性
  タウリン補充によるミトコンドリア機能の改善
  タウリン補充療法の先行臨床研究と医師主導治験
  タウリン補充療法の有効性と今後の取り組み
  MELASにおけるtRNA修飾異常の新たな展開
6)Super-Passive Language Mapping for awake craniotomy
〈田村有希恵 鎌田恭輔〉
  Super-Passive Language Mappingの方法と結果
  Super-Passive Language Mappingの現状と課題
7)シヌクレイノパチーの新たな病態仮説・治療ターゲット−異常タンパク伝播
〈長谷川隆文〉
  αシヌクレインプリオノイド仮説の端緒: 胎児中脳黒質移植後の病理所見
  In vivoモデルを用いたαシヌクレイン伝播の検証
  In vitroモデルを用いたαシヌクレイン吸収・分泌経路の探索
  異常タンパク伝播抑制に着目した新たな疾患修飾療法の可能性
8)胚細胞腫瘍の遺伝子解析
〈福島慎太郎 市村幸一〉
  頭蓋内胚細胞腫ゲノム解析コンソーシアム
  頭蓋内発生ジャーミノーマの多くはRAS/MAPKおよびPI3K/mTOR経路の異常に集約される
  頭蓋内胚細胞腫における染色体異常イソクロモソーム12pの頻度は精巣発生胚細胞腫と比較して少ない
  JMJD1C の生殖細胞系変異は日本人の頭蓋内胚細胞腫例に多くみられる
  胚細胞腫の分類とエピジェネティクス異常
  今後の展望


III.各種疾患



1.感染・炎症疾患

1)プリオン病の新規診断法と新規治療法
〈浜口 毅 山田正仁〉
  プリオン病の病型
  プリオン病の臨床診断と新規診断法の開発 プリオン病の治療と新規治療法の開発


2.脳血管障害

1)新しい脳血管内治療の展開−急性脳動脈閉塞に対して
〈山田清文 吉村紳一〉
  rt-PA静注療法から血管内治療の発展
  血管内治療を用いた初期スタディーの結果と問題点
  急性脳動脈閉塞治療における最新のエビデンス
2)脳卒中治療ガイドライン2015 改訂のポイント
〈伊藤義彰〉
  脳卒中一般
  脳梗塞・TIA
  脳出血
  くも膜下出血
  無症候性脳血管障害
  その他の脳血管障害
  リハビリテーション
3)頭蓋内ステントを利用した脳動脈瘤の治療
〈結城一郎 村山雄一〉
  ステント併用コイル塞栓術
  ステント・ストラットのデザイン 血流を制御する新型ステントデバイス(Flow Diverter stent)
  その他の新しい血管内治療デバイス
  ステント留置に伴う抗血小板療法に関する問題点


3.脳腫瘍

1)ゲノム・エピゲノム・トランスクリプトーム統合解析から見えてきた次世代型脳腫瘍治療
〈大岡史治 鈴木啓道 夏目敦至 若林俊彦〉
  グリオーマの病理所見・臨床経過に基づいたWHO分類
  グリオーマのゲノム異常
  グリオーマのエピゲノム異常
  グリオーマのトランスクリプトーム異常
  最新のビッグデータが示唆する今後のグリオブラストーマ治療の方向性
  IDH1遺伝子異常から誘導されるグリオーマ形成メカニズム
2)膠芽腫に対するBevacizumab 療法
〈成田善孝〉
  初発膠芽腫に対するbevacizumabの効果
  再発膠芽腫に対するbevacizumabの効果
  Bevacizumabの有害事象


4.外傷

1)重症頭部外傷と血液凝固異常
〈横堀將司 横田裕行〉
  頭部外傷における血液凝固異常発生のメカニズム
  頭部外傷の病型と血液凝固障害
  凝固能障害の時間的変化
  凝固障害への治療介入: 臨床研究の進捗状況
  頭部外傷患者における凝固機能障害: goal directed therapyの実現可能性
2)頭部外傷における target temperature management
〈黒田泰弘〉
  歴史
  低体温療法のキーポイント
  低体温療法の有効性
  常温療法の有効性
  頭蓋内圧とTH施行のタイミング


5.変性疾患

1)遺伝性痙性対麻痺の現状
〈瀧山嘉久〉
  遺伝性痙性対麻痺の分類
  本邦の痙性対麻痺に関する全国多施設共同研究体制(Japan Spastic Paraplegia Research Consortium: JASPAC)
  遺伝性痙性対麻痺の分子病態
  展望
2)パーキンソン病とMRI
〈鎌形康司 波田野 琢 青木茂樹〉
  拡散MRI
  SWI
  Voxel-based morphometry(VBM),cortical thickness
  Arterial spin labeling(ASL)
  Neuro melanin imaging
  展望


6.中毒・代謝疾患

1)Fabry病の臨床と治療
〈米澤久司〉
  Fabry病の基本的な病因と病態
  Fabry病の神経症状
  画像学的な特徴的所見
  酵素補充療法の効果
2)Pompe病の臨床
〈西川敦子 西野一三〉
  Pompe病の早期発見
  Pompe病における神経系,神経筋接合部の障害
  治療


7.脱髄・免疫性代謝疾患

1)慢性炎症性脱髄性多発根ニューロパチーにおける自己抗体の重要性
〈緒方英紀 山崎 亮 吉良潤一〉
  末梢神経系におけるランビエ絞輪部の詳細
  ランビエ絞輪周辺に局在する膜蛋白に対する自己抗体とCIDPの関係
2)重症筋無力症と自己抗体
〈樋口 理〉
  Clustered AChR抗体
  LRP4抗体
  MuSK抗体


8.末梢神経障害

1)ギラン・バレー症候群の新規標的抗原
〈桑原 聡〉
  Neurofascin-186および155,gliomedin,contactin-1
  Moesin展望
2)遠位型遺伝性運動性ニューロパチー(distal hereditary motor neuropathy)の診断と病態
〈橋口昭大 高嶋 博〉
  診断(分類)
  病態
  展望


9.筋肉疾患

1)HMERF(hereditary myopathy with early respiratory failure)
〈漆葉章典 鈴木重明 西野一三〉
  原因遺伝子
  分布・頻度
  臨床徴候
  筋病理


10.自律神経疾患

1)皮膚自律神経におけるα-シヌクレイン沈着 −パーキンソン病のバイオマーカーとしての可能性
〈仙石錬平〉
  パーキンソン病でのバイオマーカーの確立
  パーキンソン病における自律神経障害
  パーキンソン病における皮膚生検の有用性
  皮膚生検部位
  皮膚生検の染色方法
  皮膚生検と123I-MIBG scintigraphyとの関係
2)摂食・エネルギー代謝における自律神経の関与
〈石井信之 上野浩晶 中里雅光〉
  自律神経を介したエネルギー消費
  自律神経を介した摂食調節
3)顔面におけるVIP 含有副交感神経血管拡張線維について
〈和泉博之〉
  ヒト顔面皮膚血管の神経支配と発赤反応
  副交感神経血管拡張線維の発見
  副交感神経VIP含有線維の働き


11.機能性疾患

1)非けいれん性てんかん重積の臨床的意義
〈中本英俊 久保田有一 川俣貴一〉
  持続脳波モニタリングの適応
  脳波所見とNCSEの診断
  Standardized Critical Care EEG Terminology 2012
  Salzburg Consensus Criteria for Non-Convulsive Status Epilepticus
  NCSEの予後因子について
  当院でのNCSE診断,治療への取り組み
  NCSEの治療について
  救急脳波のもつ意味と今後の展望
2)てんかんにおけるBorderzone
〈小林勝哉 人見健文 松本理器 池田昭夫〉
  頭痛
  運動異常症
  自己免疫性辺縁系脳炎
  カタトニア


索 引

すべて見る

執筆者一覧

【編集】  編集
鈴木 則宏  慶應義塾大学教授  編集
祖父江 元  名古屋大学特任教授  編集
荒木 信夫  埼玉医科大学教授  編集
宇川 義一  福島県立医科大学教授  編集
川原 信隆  横浜市立大学教授  
【著者】  
山崎 匡  柳下 祥  河西春郎  
前澤 聡  二村美也子  藤井正純  
中原 仁  鈴木則宏  山中宏二  
掛川 渉  松田恵子  柚崎通介  
花川 隆  佐々木真理  逢坂麻由子  
伊東大介  柴田 護  松島隆史  
西岡健弥  服部信孝  青木吉嗣  
武田伸一  砂田芳秀  田村有希恵  
鎌田恭輔  長谷川隆文  福島慎太郎  
市村幸一  浜口 毅  山田正仁  
山田清文  吉村紳一  伊藤義彰  
結城一郎  村山雄一  大岡史治  
鈴木啓道  夏目敦至  若林俊彦  
成田善孝  横堀將司  横田裕行  
黒田泰弘  瀧山嘉久  鎌形康司  
波田野 琢  青木茂樹  米澤久司  
西川敦子  西野一三  緒方英紀  
山崎 亮  吉良潤一  樋口 理  
桑原 聡  橋口昭大  高嶋 博  
漆葉章典  鈴木重明  仙石錬平  
石井信之  上野浩晶  中里雅光  
和泉博之  中本英俊  久保田有一  
川俣貴一  小林勝哉  人見健文  

すべて見る

この商品に関連するキーワード

  • テキスト・教科書
  • 考え方・使い方
  • J-COSMO
  • J-IDEO
  • J-IDEO定期購読
  • ClinicalNeuroscience
  • ClinicalNeuroscience定期購読
  • 広告掲載をお考えの方へ
  • 企画応募フォーム
  • 動画閲覧・ファイルダウンロード
  • 國祭り
  • kunimatsu list
  • note小
  • テキスト・教科書
  • グリーンノート
  • 考え方使い方
  • ClinicalQuestions
  • Facebook

中外医学社 公式Twitter

  • 中外医学社をフォローする
  • 中外医学社についてつぶやく

株式会社中外医学社 〒162-0805 東京都新宿区矢来町62 TEL 03-3268-2701/FAX 03-3268-2722