Annual Review Online
ログアウト中です。

トップページ呼吸器 > 咳のみかた、考えかた

書籍詳細

咳のみかた、考えかた

咳のみかた、考えかた

倉原優 著

A5判 250頁

定価(本体4,000円 + 税)

ISBN978-4-498-13034-0

2017年04月発行

在庫あり

院内でそれを聴かない日はないといってよいほどごくありふれた臨床症状でありながら、患者さんのQOLに大きく影響し、さまざまな疾患の可能性を内包している厄介な「咳」の診療についてまとめた本です。咳を診療する前の鉄則、咳の診断ツール、各疾患の各論、鎮咳薬の使い方、実際の戦略の組み立て、著者が出会った珍しい咳嗽など、「咳」についてあらゆる角度から徹底的に解説を行いました。

著者略歴
倉原 優
国立病院機構近畿中央胸部疾患センター内科医師.2006年滋賀医科大学卒業.洛和会音羽病院を経て2008年より現職.日本呼吸器学会呼吸器専門医,日本感染症学会感染症専門医,インフェクションコントロールドクター.自身のブログで論文の和訳やエッセイなどを執筆(ブログ「呼吸器内科医」 http://pulmonary.exblog.jp/).

すべて見る

はじめに
私は咳嗽が嫌いです.私とて3週間におよぶ遷延性咳嗽の経験があるのですが,本当にアレはしんどい.息を吸うたびに胸がピリピリ・イガイガして,ゴホンゴホン! 会議中でも人前でも,胸のピリピリ・イガイガは容赦なく襲いかかってきます.
ある質的研究によれば,咳嗽を訴えて外来を受診する患者さんは,平均6.5個の鑑別疾患を頭に浮かべているとされています.彼らは決して医学の勉強をしているわけではなく,この鑑別疾患の中には巷の情報から得た無用の心配ごとも含まれています.一方,医師は平均2.8個しか鑑別疾患を挙げません.ありゃ,6.5個と比べるとえらい少ないですね.
どれだけ鑑別疾患を挙げられるか,という順位を医師間で競っているわけではありませんし,慢性咳嗽の鑑別疾患を20個列挙できたら名医という簡単なものでもありません.この本を読んでいただければ,患者さんの咳嗽にまつわるエピソードにどれだけ傾聴できたかということが,慢性咳嗽の原因に至る最も確実な道しるべであるかわかっていただけると思います.
―――今も地球のどこかで咳嗽で苦しむ患者さんがいる.そのことを忘れずに咳嗽診療を続けていきたいと思います.
執筆の企画発案をいただきました中外医学社の岩松宏典様に感謝申し上げます.また,執筆に協力していただいた当院の片山加奈子先生,市立福知山市民病院総合内科川島篤志先生,西村康裕先生にも心よりお礼申し上げます.世界を舞台に活躍するテキスタイルデザイナー・アーティストの谷川幸さん(C.a.w Design Studio代表),中学校・高校時代のクラスメイトというよしみで2回目のデザインを引き受けてくれてありがとう.私が咳に抱くイメージにぴったりの美しい装丁になりました.そしていつも私にパワーをくれる妻の実佳子,長男の直人,次男の恵太もありがとう.
2017年3月
倉原 優

すべて見る

執筆者一覧

倉原優  著

すべて見る
  • 考え方・使い方
  • EBMシリーズ
  • J-IDEO
  • EZRでやさしく学ぶ統計学 改訂2版
  • 薬剤ポケットマニュアル
  • 本当にあった医学論文
  • CCUグリーンノート
  • もしも「死にたい」と言われたら
  • Clinical Neuroscienceバナー
  • 中外医学社Facebook
  • 抗菌薬の考え方、使い方

中外医学社 公式Twitter

  • 中外医学社をフォローする
  • 中外医学社についてつぶやく

株式会社中外医学社 〒162-0805 東京都新宿区矢来町62 TEL 03-3268-2701/FAX 03-3268-2722