Annual Review Online
ログアウト中です。

トップページ麻酔科学・ペインクリニック > 麻酔科グリーンノート

書籍詳細

麻酔科グリーンノート

麻酔科グリーンノート

国沢卓之  監修 / 岩崎 肇  編著

B6変型判 432頁

定価(本体3,800円 + 税)

ISBN978-4-498-05536-0

2018年04月発行

在庫あり

麻酔科において日本有数の実績と経験を誇り,研修・教育にも力を注いでいる旭川医科大学の医局員とその同門の精鋭がまとめる,研修医向けポケットマニュアル.必要な情報を取りまとめ,知りたい項がすぐ見つかるようポイントを整理,答えを明解に示した.また,術前・麻酔・術後に分けて記載することで周術期の管理も理解できるように工夫.臨床現場で本当に役立つ情報のみ凝縮した,最小の分量で最大の知識が身に付く決定版だ.

監修の序

本書籍は,株式会社中外医学社企画部の鈴木様にお声がけいただいたところから企画立案が開始されました.「臨床現場で本当に必要な情報を凝縮したポケットマニュアル」というコンセプトに惹かれ,「内容に統一性を図るため,一施設で実施されている臨床内容で構成する」というシリーズの対象に本教室を選んでいただいたことが光栄であり,二つ返事で承諾いたしました.あれからたった一年で,監修の序を記載できるようになったスピード出版に,編集者・執筆者・出版社企画者の皆様には感服の至りです.
項立てを行う際に,麻酔科領域に存在する数多くの研修マニュアルを拝読し,全ての書籍が「非常に洗練されて,臨床に役立つ書籍」であることを再認識しました.そこで,どのような書籍を目指すかと考え,「シンプルなのに一網打尽」というキャッチフレーズを編集者と企画者にお伝えしました.麻酔を実施する場合には広い分野の知識が必要で,時に特殊疾患の概要を知っている必要もあります.麻酔科医には「バランスと調和」が必要であると常に思っています.ある一つの事象に捕らわれて全体を見られなくなっても困りますし,かと言って,理論に裏付けられた知識なしに,妥協からの選択をすることも許容されません.故に,今回目指した専攻医のためのマニュアルは,知りたいことがすぐわかる書籍でありながら,重要事項を網羅している必要がありますし,結果として,専門医でも手にしたくなるマニュアルにもなると感じております.
「マニュアル世代」と揶揄されることもありますが,マニュアルがない時代の医療は,「指導者からの教え」や「書籍・論文などの情報」を断片的につないで,個人が体系化することが多かったと思います.これは,時に,多様な臨床や秀でた手法に繋がるかも知れません.しかし,私を含めた指導者は,「同じ所」を強調し,時に,伝え忘れたり,誤った情報や古い概念を伝えたりする可能性もあります.マニュアルで標準化された医療を習得した上で,そこから発展させることに,確実な医療の進化があると感じています.
今回,編集作業を担当した岩崎 肇先生は,視野が広く,全体を把握した上で細部にまで気を配ることに長けているので,私の無茶なコンセプトを理解し,理想的な書籍に仕上げてくれました.この書を手にした皆様,周りの医療スタッフにとって,臨床に役立つことが一つでも多くありますこと,一人でも多くの患者様と御家族がその恩恵を受けられることを願いつつ,出版に関わられた全ての皆様に感謝申し上げ,監修の序といたします.

2018年3月
旭川医科大学 麻酔・蘇生学講座
国沢卓之



編集の序

『麻酔科グリーンノート』は,麻酔学を学ぶ初期研修医や後期研修医向けの教科書を目指して編集を始めました.執筆は旭川医科大学 麻酔・蘇生学教室の医局員と同門の先生方のみで担当し,総論・各論共にそれぞれの分野のスペシャリストに依頼しました.結果として,麻酔科専門医を取得後も十分使える教科書になったと思います.総論では,一般的な内容に加え,経食道心エコーや脳代謝モニタリングなどの周術期モニタリングの内容を充実させました.近年話題の肺エコーや,今後注目されるかもしれない眼底血流など,まだ一般的な書籍には掲載されていないような内容も含めました.当教室が得意とする神経ブロックに関しても,手技だけではなく,実際に用いたらよい薬剤の濃度・量などの一例も記載しました.各論では,内容を術前・麻酔・術後に分けて記載することにより,手術中だけではなく,周術期の管理を理解できるようにしました.
紙面構成においては,すべての項目の冒頭にPOINTを配置し,特に重要なことが一目でわかるようにしました.また,memo,注意,Adviceなどで知っておくべきポイントを抽出しました.薬物名はなるべく一般名と商品名の両方を記載し,商品名を調べる手間を省きました.予期せぬ合併症が発生した場合も,本書でそれを調べ,すぐに対処できるはずです.
最後に,本書を編集する機会を与えて下さいました旭川医科大学 麻酔・蘇生学講座 国沢卓之教授をはじめ,分担執筆者の先生方,中外医学社社長 青木 滋様,企画部・編集部の皆様に深く感謝申し上げます.

2018年3月
旭川医科大学病院 麻酔科蘇生科
岩崎 肇

すべて見る

目 次

I 総論
 1 術前管理
  1 説明と同意〈山本兼二〉
  2 術前診察,術前評価〈山本兼二〉
  3 術前絶飲食〈山本兼二〉
  4 麻酔前投薬〈佐古澄子〉
  5 手術の中止・延期〈佐古澄子〉
  6 術前の使用薬物〈飯田高史〉
  7 緊急手術の術前評価〈山本兼二〉
 2 モニタリング
  1 循環モニタリング
   心電図〈吉村 学〉
   非観血的動脈圧(NIBP)〈吉村 学〉
   観血的動脈圧〈吉村 学〉
   中心静脈圧(CVP)〈吉村 学〉
   肺動脈圧,肺動脈楔入圧〈林 健太郎〉
   混合静脈血酸素飽和度〈林 健太郎〉
   心拍出量〈林 健太郎〉
   経食道心エコー(TEE)〈神田浩嗣〉
  2 脳代謝モニタリング
   NIRS,rSO2,SjO2〈島田舞衣〉
   運動誘発電位(MEP)〈大城 茜〉
  3 脳循環モニタリング
   経頭蓋超音波ドプラ(TCD)〈神田浩嗣〉
   眼血流〈神田浩嗣〉
  4 筋弛緩モニタリング〈岩崎 肇〉
  5 麻酔モニタリング
   BIS(bispectral index)モニター〈菅原亜美〉
   薬物動態・薬力学モニタリング〈菅原亜美〉
  6 肺エコー〈田中博志〉
  7 凝固モニタリング〈飯田高史〉
 3 術中使用薬
  1 吸入麻酔薬〈稲垣泰好〉
  2 静脈麻酔薬〈菅原亜美〉
  3 麻薬性鎮痛薬・拮抗薬〈和泉裕己〉
  4 筋弛緩薬〈笹川智貴〉
  5 心血管系作動薬
   カテコラミン〈佐藤 慎〉
   降圧薬,その他〈佐藤 慎〉
  6 局所麻酔薬
   局所麻酔薬〈小野寺美子〉
   局所麻酔薬中毒〈小野寺美子〉
  7 輸液・輸血
   輸液製剤〈神田 恵〉
   輸血製剤〈神田 恵〉
 4 全身麻酔の実際
  1 麻酔器の構造・始業点検〈稲垣泰好〉
  2 マスク換気〈衛藤由佳〉
  3 声門上器具〈衛藤由佳〉
  4 気管挿管
   挿管器具・チューブの種類と選択〈衛藤由佳〉
   気管挿管方法〈衛藤由佳/高橋桂哉〉
   DAM(difficult airway management)〈田中博志〉
   抜管〈田中博志〉
  5 ライン確保〈林 健太郎〉
  6 呼吸器の設定〈丹保亜希仁〉
  7 麻酔維持
   バランス麻酔〈山口卓哉〉
   TIVA〈島田舞衣〉
   VIMA(吸入麻酔による麻酔導入と維持)〈稲垣泰好〉
  8 鎮静〈和泉裕己〉
 5 鎮痛法
  1 脊髄くも膜下麻酔〈平川 啓〉
  2 硬膜外麻酔,仙骨硬膜外麻酔〈平川 啓〉
  3 神経ブロック
   上肢〈小野寺美子〉
   下肢〈高橋桂哉〉
   体幹,その他〈高橋桂哉〉
  4 その他の鎮痛法: iv-PCA〈平川 啓〉

II 各論
 1 各科麻酔
  1 外科
   胃切除〈大城正哉〉
   食道全摘〈大城正哉〉
   肝切除〈大城正哉〉
   膵頭十二指腸切除〈大城正哉〉
   イレウス・腸切除〈大城正哉〉
   腹腔鏡下胆囊摘出・腹腔鏡下結腸切除〈大城正哉〉
  2 胸部外科
   肺切除〈呉 健太〉
   漏斗胸手術〈鷹架健一〉
   縦隔腫瘍手術〈鷹架健一〉
  3 血管外科
   腹部大動脈瘤手術〈呉 健太〉
   胸部大動脈瘤手術〈呉 健太〉
   内頚動脈内膜剥離〈山口卓哉〉
   上腕動脈表在化〈山口卓哉〉
  4 心臓外科
   人工心肺下心臓手術〈遠山裕樹〉
   CABG〈遠山裕樹〉
   僧帽弁形成術・置換術〈遠山裕樹〉
   大動脈解離手術〈遠山裕樹〉
   TAVI〈遠山裕樹〉
   小児心臓手術〈佐藤 慎〉
  5 脳外科
   未破裂脳動脈瘤手術(開頭クリッピング)〈山本邦彦〉
   脳腫瘍手術〈和泉裕己〉
   下垂体腺腫手術〈山本邦彦〉
  6 整形外科
   脊椎手術〈工藤愛理〉
   股関節手術(人工股関節置換術)〈井尻えり子〉
   膝関節手術(人工膝関節置換術,前十字靭帯再建術)〈井尻えり子〉
   上下肢骨折手術〈井尻えり子〉
   下肢切断術〈井尻えり子〉
  7 泌尿器科
   経尿道的膀胱腫瘍切除術(TUR-Bt),経尿道的前立腺切除術(TUR-P)〈森 千惠〉
   膀胱全摘術,前立腺全摘術〈森 千惠〉
   経尿道的尿管砕石術(TUL),膀胱尿管新吻合〈森 千惠〉
   褐色細胞腫摘出術〈多田雅博〉
  8 耳鼻科
   耳下腺腫瘍摘出,鼓室形成術〈大城 茜〉
   声帯手術〈島田舞衣〉
   喉頭微細手術(ラリンゴマイクロ手術)〈大城 茜〉
   甲状腺摘出術〈大城 茜〉
   扁桃摘出,アデノイド切除〈大城 茜〉
  9 眼科
   硝子体手術,強膜内陥術,斜視手術〈鷹架博之〉
  10 精神科
   電気痙攣療法〈多田雅博〉
  11 婦人科
   子宮鏡手術,子宮内膜掻爬術〈鷹架博之〉
   子宮全摘術(単純,広汎,腹腔鏡下,膣式)〈鷹架博之〉
   子宮外妊娠,卵巣腫瘍手術〈鷹架博之〉
  12 産科
   総論〈宮下佳子〉
   帝王切開術〈岩崎 肇〉
   妊婦の麻酔〈宮下佳子〉
  13 小児科
   総論〈佐古澄子〉
   低出生体重児の麻酔〈菊地千歌〉
   鼠径ヘルニア,臍ヘルニア〈菊地千歌〉
   食道閉鎖,鎖肛〈菊地千歌〉
  14 移植
   肝移植術〈黒澤 温〉
   腎移植術〈黒澤 温,山岸昭夫〉
  15 ロボット支援手術
   ロボット支援腹腔鏡下前立腺全摘術(RALP),他〈森 千惠〉
 2 合併症とその対策
  1 呼吸器系
   低酸素〈山口卓哉〉
   気管支喘息〈山口卓哉〉
   喉頭痙攣〈矢野喜一〉
  2 循環器系
   低血圧,高血圧〈丹保亜希仁〉
   不整脈〈丹保亜希仁〉
   心停止〈丹保亜希仁〉
   アナフィラキシー〈丹保亜希仁〉
   肺血栓塞栓症〈杉浦孝広〉
  3 消化器・代謝系
   悪性高熱〈矢野喜一〉
   術後悪心・嘔吐(PONV)〈矢野喜一〉
   シバリング〈山本邦彦〉
  4 中枢・末梢神経系
   硬膜穿刺後頭痛(PDPH)〈矢野喜一〉
   術後嗄声〈呉 健太〉
   術後神経障害〈山本邦彦〉
  5 その他
   再手術,再挿管〈岩崎 肇〉
 3 合併症を有する患者の麻酔
  1 腎機能障害
   腎不全・透析患者〈神田 恵〉
  2 肺機能障害
   肺気腫,巨大ブラ〈神田 恵〉
  3 上気道閉塞
   睡眠時無呼吸症候群(SAS),放射線照射後,咽頭腫瘍〈多田雅博〉
  4 肝機能障害〈多田雅博〉
  5 虚血性心疾患〈杉浦孝広〉
  6 低心機能患者〈杉浦孝広〉
  7 ペースメーカー〈杉浦孝広〉
  8 内分泌疾患
   糖尿病〈川村大資〉
   甲状腺機能亢進・低下症〈川村大資〉
  9 関節リウマチ〈川村大資〉
  10 統合失調症〈川村大資〉
  11 抗凝固薬・抗血小板薬使用患者〈飯田高史〉
  12 ヘパリン起因性血小板減少症(HIT)〈小野寺美子〉
  13 重症筋無力症〈岩崎 肇〉
  14 輸血拒否患者〈黒澤 温〉
  15 稀な疾患〈佐藤 泉〉
   1.神経・筋疾患
   2.呼吸器疾患
   3.循環器疾患
   4.内分泌・代謝疾患
   5.皮膚・粘膜・結合織疾患
   6.血液疾患

索 引

すべて見る

執筆者一覧

国沢卓之  旭川医科大学麻酔・蘇生学講座教授 監修
岩崎 肇  旭川医科大学病院麻酔科蘇生科 編著
山本兼二  名寄市立総合病院 麻酔科 
佐古澄子  千葉県こども病院 麻酔科 
飯田高史  旭川医科大学 麻酔・蘇生学講座 
吉村 学  宇部興産中央病院 麻酔科 
林 健太郎 旭川医科大学病院 麻酔科蘇生科 
神田浩嗣  旭川医科大学 麻酔・蘇生学講座 
島田舞衣  旭川医科大学病院 麻酔科蘇生科 
大城 茜  旭川医科大学病院 麻酔科蘇生科 
岩崎 肇  旭川医科大学病院 麻酔科蘇生科 
菅原亜美  旭川医科大学病院 麻酔科蘇生科 
田中博志  旭川医科大学病院 麻酔科蘇生科 
稲垣泰好  名寄市立総合病院 救急科 
和泉裕己  旭川医科大学病院 麻酔科蘇生科 
笹川智貴  旭川医科大学病院 麻酔科蘇生科 
佐藤 慎  旭川医科大学病院 麻酔科蘇生科 
小野寺美子 旭川医科大学病院 緩和ケア診療部 
神田 恵  旭川医科大学 麻酔・蘇生学講座 
衛藤由佳  旭川医科大学病院 集中治療部 
高橋桂哉  旭川医科大学病院 麻酔科蘇生科 
丹保亜希仁 旭川医科大学 救急医学講座 
山口卓哉  旭川医科大学病院 麻酔科蘇生科 
平川 啓  旭川医科大学病院 麻酔科蘇生科 
大城正哉  旭川医科大学病院 麻酔科蘇生科 
呉 健太  旭川医科大学病院 麻酔科蘇生科 
鷹架健一  旭川医科大学病院 麻酔科蘇生科 
遠山裕樹  旭川医科大学 麻酔・蘇生学講座 
山本邦彦  札幌禎心会病院 麻酔科 
工藤愛理  旭川医科大学病院 麻酔科蘇生科 
井尻えり子 旭川医科大学病院 麻酔科蘇生科 
森 千惠  旭川医科大学病院 麻酔科蘇生科 
多田雅博  名寄市立総合病院 麻酔科 
鷹架博之  遠軽厚生病院 麻酔科 
宮下佳子  メディカルトピア草加病院 麻酔科 
菊地千歌  宮城県立こども病院 集中治療科 
黒澤 温  旭川医科大学病院 手術部 
山岸昭夫  元生会森山病院 麻酔科 
矢野喜一  旭川医科大学病院 麻酔科蘇生科 
杉浦孝広  国立病院機構東京医療センター 麻酔科 
川村大資  旭川医科大学病院 麻酔科蘇生科 
佐藤 泉  旭川医科大学病院 麻酔科蘇生科 

すべて見る

電子書籍で購入する

麻酔科グリーンノート
   定価4,104円(本体3,800円 + 税)
   2018年04月発行
(外部のサイトへとびます)
  • テキスト・教科書
  • 考え方・使い方
  • 動画閲覧
  • テキスト・教科書
  • グリーンノート
  • 考え方・使い方
  • 神経内科Clinical Questions
  • J-IDEO
  • Clinical Neuroscience
  • 中外医学社Facebook

中外医学社 公式Twitter

  • 中外医学社をフォローする
  • 中外医学社についてつぶやく

株式会社中外医学社 〒162-0805 東京都新宿区矢来町62 TEL 03-3268-2701/FAX 03-3268-2722