Annual Review Online
ログアウト中です。

トップページ東洋医学・漢方医学 > 寝ころんで読む金匱要略

書籍詳細

寝ころんで読む金匱要略

寝ころんで読む金匱要略

入江祥史 著

A5判 272頁

定価(本体2,800円 + 税)

ISBN978-4-498-06930-5

2020年10月発行

在庫あり

最も有名な漢方の古典は『傷寒論』ですが,学習が進むに従って急性疾患を重視する『傷寒論』だけではなく,実際に漢方薬を処方する機会の多い慢性疾患についてまとめられた『金匱要略』の理解も必要となってきます.本書では,『傷寒論』以上に難解と言われる『金匱要略』を可能なかぎり平易に解説することを目指した古典ガイドブックです.

はじめに
漢方の学習では、「傷寒論」で急性感染症について学び、読み終えたら「金匱要略」で慢性疾患について学ぶ、というようなことが王道とされてきた。
この2つの書はともに張仲景(張機:2〜3世紀)によって書かれたといわれ、中国でも日本でも漢方学習の基本書物とされ、現代まで読み継がれている。傷寒論は葛根湯、小柴胡湯、麻黄湯、小青竜湯、芍薬甘草湯、五苓散など、金匱要略は桂枝茯苓丸、当帰芍薬散、半夏厚朴湯、大建中湯など、いまも非常によく使われる処方の出典であるからだ。
しかし、その原文は2,000年前に中国で書かれ、戦乱等で早くに逸失し、現在我々が手にするものはすべて後に編集されたもの、およびそれを解説したものばかりである。原文が何であったかわからないし、かつてはコピー機もスキャナもなかったので、伝達過程でかなりの誤字脱字が生じ、あわせて後人の解釈が入ったり削除されたりして、相当に手の加わったものになっている。当然、脱落した部分も少なくないだろう。タイムマシンがあったら、原文を見に行きたいくらいである。
本書は、先に出版した「寝ころんで読む傷寒論・温熱論」の続編・姉妹編である。寝ころんで読むには難解かもしれないが、肩ひじ張らずに読んでいただきたい。とはいえ、金匱要略そのものが傷寒論・温熱論ほどすっきりと系統だった本ではないので、本書もすっきりしていないのはご勘弁願いたい。
また、紙面の都合上、最初に出来上がった原稿を相当削らざるを得なかった。これ以上やると理解不能というくらいにまで削ったので、初学者には難しいと思う。どうか別に漢方や中医学の入門書を終えてから取り組んでいただきたい。

2020年9月
著者

すべて見る

もくじ

臓腑経絡先後病脈証第1
痙湿暍病脈証第2
百合狐惑陰陽毒病証治第3
瘧病脈証并治第4
中風歴節病脈証并治第5
血痺虚労病脈証并治第6
肺痿肺癰咳嗽上気病脈証治第7
奔豚気病脈証治第8
胸痺心痛短気病脈証治第9
腹満寒疝宿食病脈証治第10
五臓風寒積聚病脈証并治第11
痰飲咳嗽病脈証并治第12
消渇小便利淋病脈証并治第13
水気病脈証并治第14
黄疸病脈証并治第15
驚悸吐衄下血胸満瘀血病脈証治第16
嘔吐噦下利病脈証治第17
瘡癰腸癰浸淫病脈証并治第18
趺蹶手指臂腫転筋陰狐疝蚘虫病脈証治第19
婦人妊娠病脈証并治第20
婦人産後病脈証治第21
婦人雑病脈証并治第22
雑療方第23
禽獣魚虫禁忌并治第24
果実菜穀禁忌并治第25

索引

すべて見る

執筆者一覧

入江祥史  著

すべて見る

電子書籍で購入する

寝ころんで読む金匱要略
   定価3,080円(本体2,800円 + 税)
   2020年10月発行
(外部のサイトへとびます)
寝ころんで読む金匱要略
   定価3,080円(本体2,800円 + 税)
   2020年10月発行
(外部のサイトへとびます)
  • テキスト・教科書
  • 考え方・使い方
  • J-COSMO
  • J-IDEO
  • J-IDEO定期購読
  • ClinicalNeuroscience
  • ClinicalNeuroscience定期購読
  • 広告掲載をお考えの方へ
  • 企画応募フォーム
  • 動画閲覧・ファイルダウンロード
  • 國祭り
  • kunimatsu list
  • note小
  • テキスト・教科書
  • グリーンノート
  • 考え方使い方
  • ClinicalQuestions
  • Facebook

中外医学社 公式Twitter

  • 中外医学社をフォローする
  • 中外医学社についてつぶやく

株式会社中外医学社 〒162-0805 東京都新宿区矢来町62 TEL 03-3268-2701/FAX 03-3268-2722