ログアウト中です。

トップページアレルギー・膠原病・リウマチ > アレルギー診療必携ハンドブック

書籍詳細

アレルギー診療必携ハンドブック

アレルギー診療必携ハンドブック

永田 真 編著

A5判 220頁

定価4,620円(本体4,200円 + 税)

ISBN978-4-498-02612-4

2021年03月発行

在庫あり

喘息,アトピー性皮膚炎,花粉症,食物アレルギーなど主要疾患について小児と成人診療で必要となる情報をわかりやすく解説.単一臓器・ひとつの病気を診るだけでは不十分なアレルギー疾患診療について主疾患だけでなく,全身的・包括的に管理する診療のトータルアプローチとエキスパートのノウハウをコンパクトにまとめた,最善の診療をかなえるベストマニュアル.

序 文
 アレルギー疾患患者は多くの場合,関連する複数の病態に悩まされています.例えば喘息症状で受診されたとしても,実際にはアレルギー性鼻炎やアトピー性皮膚炎,またときには食物アレルギーなどにも苦しんでいるケースがみられます.また当初は家塵ダニが主なアレルゲンであるとおもわれたケースが,数年の後には各種の花粉類や真菌類,さらに飼育動物などにも感作が拡大していってしまうことはしばしば経験されるところです.小児喘息で寛解したとおもわれていた患者さんが成人になって再発することや,その後にも結局生涯にわたってさまざまなアレルギー症状に悩まれるケースも少なくありません.
 アレルギー疾患の診療は,それゆえに初期診療だけで成否を判断できませんし,単一臓器・ひとつの病気を診るだけでは不十分なことがむしろ通常なのです.患者中心主義的に包括的な視点で病態を把握することが大切であり,また人生全般にわたっての生活の質の保持を目標として,最善の医学的アプローチを提供するように心がけていく必要があると認識されます.
 本書はアレルギー診療シーンでしばしば遭遇する病態や問題を中心に,我が国のトップ・エキスパートの先生がたに御執筆をお願いし,最高の知識とノウハウをまとめさせていただいたものであります.本書が先生方の日々のアレルギー診療のお役に立ち,そして特に,苦しむアレルギー患者さんたちの救済のために活躍していってくれることを切に望む次第です.
    2021年3月1日 
 埼玉医科大学呼吸器内科教授
 埼玉医科大学病院アレルギーセンター長 
 永田 真

すべて見る

目 次

I■総 論

 1■アレルギー疾患診療の基本:トータルアプローチの重要性〈永田 真〉
   1.アレルギー診療に必要な視点
   2.アレルギー疾患のメカニズム
   3.主要な病因アレルゲンとその同定
   4.アレルギー診療のトータルアプローチ

 2■病因アレルゲンの同定と正しい患者指導〈福冨友馬〉
   1.病因アレルゲン同定の進め方
   2.I型アレルギー検査法
   3.I型以外のアレルギーに対する検査方法
   4.アレルゲン誘発試験
   5.主な吸入性アレルゲンの特徴と回避指導
   6.実地臨床におけるIgE検査の進め方

 3■アレルギー診療におけるバイオマーカー活用の実際〈松永和人,大石景士,山口道也,岡崎史子,長谷川俊史〉
   1.IgE
   2.好酸球
   3.TARC
   4.呼気NO濃度
   5.喘息におけるバイオマーカーの活用

 4■アレルゲン免疫療法の正しい施行法と活用法:気管支喘息〈中込一之〉
   1.喘息治療におけるダニSCIT
   2.アレルゲン免疫療法による自然経過修飾作用
   3.鼻炎合併喘息患者でのアレルゲン免疫療法
   4.喘息における適応患者の選択
   5.投与法の実際
   6.安全性
   7.喘息に対するSLITの臨床応用

 5■アレルゲン免疫療法の正しい施行法と有効性:鼻・結膜炎〈後藤 穣〉
   1.アレルゲン免疫療法の特徴
   2.アレルゲン免疫療法の施行法
   3.舌下免疫療法の特徴
   4.舌下免疫療法の有用性

 6■重症アレルギー疾患に対する抗体製剤の使い分け〈長瀬洋之〉
   1.アレルギー疾患における2型炎症を標的とした抗体製剤の現状
   2.気管支喘息における抗体療法
   3.EGPAに対する抗体療法
   4.その他のアレルギー疾患に対する抗体療法

 7■副腎皮質ステロイド療法の必須知識〈曽根正勝〉
   1.副腎皮質ステロイド
   2.グルココルチコイドの生理作用
   3.グルココルチコイド製剤による副作用:医原性クッシング症候群
   4.グルココルチコイド製剤による副作用:続発性副腎不全
   5.ステロイド製剤の生物学的半減期と作用の違い
   6.ステロイド製剤のコルチゾール測定系との交差反応
   7.副腎機能評価の注意点
   8.それ以外の注意点

II■主要なアレルギー疾患の正しい診かた

 1■成人喘息診療の実際〈岩永賢司,東田有智〉
   1.成人喘息の発症・増悪・重症化危険因子
   2.成人喘息の症状
   3.成人喘息の身体所見
   4.成人喘息の検査
   5.成人喘息診断の目安
   6.成人喘息の鑑別診断
   7.成人喘息の重症度判定
   8.喘息長期管理法:治療ステップを選択
   9.喘息長期管理の進め方
   10.難治例への対処法
   11.高齢者喘息の特徴
   12.急性増悪(発作)の程度判定と治療
   13.患者教育が重要
   14.吸入指導が大切

 2■小児喘息診療の実際〈吉原重美〉
   1.乳幼児喘息
   2.乳幼児および小児喘息の長期管理薬について
   3.急性増悪の対応

 3■特殊な喘息,周辺疾患の診療の実際〈秋山勇人,正木克宜,福永興壱〉
   1.NSAIDs過敏喘息
   2.アレルギー性気管支肺真菌症

 4■慢性咳を呈する疾患の診療の実際〈新実彰男〉
   1.咳診療の重要性
   2.持続期間による咳の分類と主要な原因疾患
   3.咳症状の疫学
   4.咳のメカニズム
   5.初期診療のポイント
   6.遷延性・慢性咳嗽の治療前診断
   7.遷延性・慢性咳嗽の治療後診断:咳治療の原則を含めて
   8.治療前診断に基づく治療が無効か,効果が部分的な場合
   9.主要な原因疾患の臨床像,病態,治療

 5■花粉症・アレルギー性鼻炎診療の実際〈岡野光博,岡 愛子,赤松摩紀〉
   1.花粉症・アレルギー性鼻炎とは
   2.アレルギー性鼻炎の疫学
   3.アレルギー性鼻炎の病態
   4.検査・診断
   5.治療
   6.専門医への紹介

 6■アトピー性皮膚炎・蕁麻疹診療の実際〈加藤則人〉
   1.アトピー性皮膚炎
   2.蕁麻疹

 7■食物アレルギー診療の実際(小児)〈海老澤元宏〉
   1.小児期の食物アレルギーの臨床型とその概説
   2.病歴を取る際の注意点
   3.検査
   4.診断プロセス
   5.管理の原則
   6.食物経口負荷試験
   7.栄養食事指導
   8.誘発症状への対応

 8■食物アレルギー診療の実際(成人)〈猪又直子〉
   1.成人の食物アレルギーの考え方
   2.食物依存性運動誘発アナフィラキシー
   3.口腔アレルギー症候群
   4.経皮感作による食物アレルギー
   5.動物アレルゲンによる経気道感作により誘導される食物アレルギー
   6.その他

索引

すべて見る

執筆者一覧

永田 真 埼玉医科大学医学部呼吸器内科教授,埼玉医科大学病院アレルギーセンター長 編著
福冨友馬 国立病院機構相模原病院臨床研究センター診断・治療薬開発研究室長 
松永和人 山口大学大学院医学系研究科呼吸器・感染症内科学講座教授 
大石景士 山口大学大学院医学系研究科器官病態内科学講座診療助教 
山口道也 山口大学大学院医学系研究科皮膚科学講座准教授 
岡崎史子 山口大学大学院医学系研究科小児科学講座診療助教 
長谷川俊史 山口大学大学院医学系研究科小児科学講座教授 
中込一之 埼玉医科大学医学部呼吸器内科准教授,アレルギーセンター 
後藤 穣 日本医科大学耳鼻咽喉科准教授 
長瀬洋之 帝京大学医学部内科学講座呼吸器・アレルギー学教授 
曽根正勝 聖マリアンナ医科大学代謝・内分泌内科教授 
岩永賢司 近畿大学医学部呼吸器・アレルギー内科准教授 
東田有智 近畿大学病院長 
吉原重美 獨協医科大学医学部小児科学主任教授 
秋山勇人 慶應義塾大学医学部内科学(呼吸器)助教 
正木克宜 慶應義塾大学医学部内科学(呼吸器)助教 
福永興壱 慶應義塾大学医学部内科学(呼吸器)教授 
新実彰男 名古屋市立大学大学院医学研究科呼吸器・免疫アレルギー内科学教授 
岡野光博 国際医療福祉大学医学部耳鼻咽喉科教授 
岡 愛子 国際医療福祉大学医学部耳鼻咽喉科 
赤松摩紀 国際医療福祉大学成田病院耳鼻咽喉科・頭頸部外科 
加藤則人 京都府立医科大学大学院医学研究科皮膚科学教授 
海老澤元宏 国立病院機構相模原病院臨床研究センター長 
猪又直子 横浜市立大学大学院医学研究科環境免疫病態皮膚科学准教授 

すべて見る

電子書籍で購入する

アレルギー診療必携ハンドブック
   定価4,620円(本体4,200円 + 税)
   2021年03月発行
(外部のサイトへとびます)
アレルギー診療必携ハンドブック
   定価4,620円(本体4,200円 + 税)
   2021年03月発行
(外部のサイトへとびます)
  • テキスト・教科書
  • 考え方・使い方
  • J-COSMO
  • J-IDEO
  • J-IDEO定期購読
  • ClinicalNeuroscience
  • ClinicalNeuroscience定期購読
  • 広告掲載をお考えの方へ
  • 企画応募フォーム
  • 動画閲覧・ファイルダウンロード
  • note生殖医療関連
  • 國祭り
  • kunimatsu list
  • note小
  • テキスト・教科書
  • グリーンノート
  • 考え方使い方
  • ClinicalQuestions
  • Facebook

中外医学社 公式Twitter

  • 中外医学社をフォローする
  • 中外医学社についてつぶやく

株式会社中外医学社 〒162-0805 東京都新宿区矢来町62 TEL 03-3268-2701/FAX 03-3268-2722