ログアウト中です。

トップページ脳・神経 > 認知症診療 実践ハンドブック 改訂2版

トップページ精神 > 認知症診療 実践ハンドブック 改訂2版

書籍詳細

認知症診療 実践ハンドブック 改訂2版

認知症診療 実践ハンドブック 改訂2版

山田正仁 編著

A5判 440頁

定価6,600円(本体6,000円 + 税)

ISBN978-4-498-22893-1

2021年04月発行

在庫あり

認知症のプロフェッショナルを育成する「北陸認知症プロフェッショナル医養成プラン(認プロ)」のメンバーが再び参集しブラッシュアップした認知症診療マニュアルの改訂版.軽度認知障害から重度認知症まで認知症に関する様々な知見を網羅し,また「ウィズコロナ時代の認知症診療・認知症ケア」「認知症の嚥下障害に対するリハビリテーション」「一過性てんかん性健忘」などの時宜に即したテーマも新たに盛り込んだ.

改訂2版の序

 このたび,2017年に初版を発刊しました『認知症診療実践ハンドブック』の改訂2版を出版する運びとなりました.本書は認知症診療に関わる基礎知識から,診療の基本,原因疾患ごとの症例呈示・解説まで,ポイントを抑えた実践的なハンドブックとして企画・執筆されました.幸いなことに,初版の発刊時から多くの読者に好評をもって迎えられ,出版社より改訂版作成のご提案をいただき,2020年に改訂作業を進めました.短期間にご執筆をいただいた執筆者の皆様に心より感謝いたします.
 この数年の間にも社会の超高齢化は一段と進み,認知症の人は急増しています.それに対応するため,2019年には「認知症施策推進大綱」が関係閣僚会議から出され,その後,「認知症基本法」案が国会で審議されています.さらに,2019年12月以降,中国湖北省武漢市を中心に発生した新型コロナウイルス感染症が短期間で全世界に広がり,現在もパンデミックに歯止めがかからない状態であり,認知症診療・ケアも大きな影響を受けています.私がプロジェクトリーダーをつとめる「北陸認知症プロフェッショナル医養成プラン」(認プロ)で教育を担当する多くの先生方にご執筆いただいておりますが,認プロでは,認知症プロフェッショナルの育成のため,診療科間,施設間,職種間の垣根を越えてウェブ上でeラーニング講義,デメンシアカンファレンス(症例検討会),デメンシアセミナー,メディカルスタッフeラーニング講座などを実施し,まさにウィズコロナの時代にも適合した活動を行ってきております(http://ninpro.jp).
 改訂にあたりまして,初版時の基本方針はそのまま踏襲しましたが,内容をアップデートし,項目を統廃合し,新規の項目を設けました.改訂版では,2020年までに発刊された診療ガイドラインや最新の診断・治療法を含む内容にアップデートされました.また,新たに7項目が加わりました.その中には,「ウィズコロナ時代の認知症診療・認知症ケア」といったタイムリーなテーマや,「認知症の嚥下障害に対するリハビリテーション」「一過性てんかん性健忘」といった認知症診療・ケアで非常に重要なテーマが含まれています.
 この改訂2版が,認知症診療に日々取り組む皆様のお役に立つことができれば誠に幸いに存じます.

2021年1月
山田正仁

すべて見る

目 次

I認知症・軽度認知障害の診断・治療へのアプローチ
 (1)認知症の基礎
  1. 認知症・軽度認知障害の概念と実態〈山田正仁〉
   A 認知症・軽度認知障害とは?
   B 認知症・軽度認知障害の実態と対策
  2. 認知症診療に必要な神経病理の基礎知識〈坂井健二〉
   A わが国における認知症の原因疾患の頻度
   B 神経変性疾患
   C 血管性認知症
   D 感染症,炎症性疾患
  3. 認知症診療に必要な神経科学の基礎知識〈小野賢二郎〉
   A Alzheimer病とは
   B 老人斑とAβ
   C アミロイド仮説
   D Aβ凝集
   E アミロイドからオリゴマーへ
   F タウオパチーとは
   G タウ
   H タウオリゴマー
   I α‒シヌクレイノパチーとは
   J αS凝集
  4. 認知症疾患の診断と治療・予防の考え方〈山田正仁〉
   A 認知症疾患の病態・経過からみた診断と予防・治療
   B Alzheimer病の経過から診断と治療・予防を考える
 (2)認知症の症候,検査,診断
  1. 認知症・軽度認知障害の診断への道筋〈山田正仁〉
   A 認知症・軽度認知障害の診断の進め方
   B 認知症・軽度認知障害の有無の診断
   C 認知症・軽度認知障害の原因疾患の診断
  2. 認知症の病歴と診察〈池田篤平 山田正仁〉
   A 病歴聴取のポイント
   B 診察
  3. 認知症の中核症状と行動・心理症状(BPSD)〈上原 隆〉
   A 中核症状
   B 行動・心理症状(BPSD)
  4. 老年期の精神障害と認知症〈川?康弘〉
   A 老化の基本的特徴
   B 老化に関する心理
   C 初老期から老年期の状況と危機
   D 老年期の精神症状の発現機序
   E 高齢者の精神病性幻覚・妄想状態
   F 認知症に関連する高齢者の妄想
  5. 認知症診療に必要な神経心理学検査〈東間正人〉
   A 利き手の判定
   B 記憶障害
   C 言語機能の障害―失語・失読・失書―
   D 知覚機能の障害―失認―
   E 行為遂行の障害―失行―
   F 失算
   G 遂行機能(実行機能)
  6. 認知症の血液・脳脊髄液検査〈篠原もえ子 山田正仁〉
   A 脳脊髄液検査の基礎知識
   B 認知症および認知症様状態をきたす内科疾患の診断に役立つ血液,脳脊髄液検査
   C Alzheimer病や他の認知症疾患の診断のための血液・脳脊髄液マーカー
  7. 認知症の画像検査〈松成一朗〉
   A 画像統計解析法
   B 主な疾患ごとの画像の特徴
  8. 認知症の電気生理学的検査―脳波―〈東間正人〉
   A 脳波判読の基礎知識
   B 代表的認知症疾患とせん妄の脳波
   C 認知症とうつ病の鑑別
   D Creutzfeldt‒Jakob病(Creutzfeldt‒Jakob disease:CJD)の脳波
   E 認知症とてんかんの鑑別
  9. 認知症の遺伝学的検査〈浜口 毅 山田正仁〉
   A Alzheimer病
   B 前頭側頭葉変性症
   C Lewy小体型認知症
   D 血管性認知症
   E 遺伝学的検査を行う時の注意点
  10. 認知症診断のための組織生検〈進藤(中村)桂子 山田正仁〉
   A 生検の種類
   B 認知症疾患における生検診断
  11. 認知症・軽度認知障害の診断と鑑別を要する精神疾患・病態〈高橋 努〉
   A 認知症とせん妄の鑑別
   B 認知症とうつ病の鑑別
   C 認知症と解離性健忘の鑑別
 (3)認知症の治療・ケア・支援・予防
  1. 治療・ケアの計画と診断・治療方針の患者・介護者への説明〈奥野太寿生 森本茂人〉
   A 軽度認知障害における治療・ケアの計画
   B Alzheimer型認知症における治療・ケアの計画
   C 脳血管性認知症における治療・ケアの計画
   D Lewy小体型認知症における治療・ケアの計画
   E 前頭側頭葉変性症における治療・ケアの計画
  2. 認知症高齢者にみられる身体疾患と薬物動態〈大黒正志〉
   A 認知症高齢者の病態および疾患の特徴
   B 認知機能に影響を与える薬物
   C せん妄と認知症
  3. 抗認知症薬による治療〈濱野忠則〉
   A Alzheimer型認知症
   B Lewy小体型認知症
   C 血管性認知症
   D 前頭側頭葉変性症
   E 軽度認知障害
   F 今後の抗認知症薬について
   G 疾患修飾薬について
  4. 認知症のケア〈木戸幹雄〉
   A 認知症のケアの基本・原則
   B 認知症の程度によるケアの違い
   C 認知症カフェなどの地域での取り組み
  5. 認知症のリハビリテーション〈横川正美 菅野圭子〉
   A 認知症のリハビリテーション
   B リハビリテーションプログラム
   C リハビリテーションによる軽度認知障害,認知症の進行抑制効果の現状
  6. 認知症の嚥下障害に対するリハビリテーション〜言語聴覚士の立場から〜〈清水充子 山脇正永〉
   A 安全な摂食と認知機能
   B 認知症のある摂食嚥下障害の背景
   C 認知症による障害への対応
   D 対応上必要な着眼と留意点
   E まとめ―対応の基本
  7. 認知症の行動・心理症状(BPSD)の予防・治療〈金田礼三 長澤達也 橋本隆紀〉
   A BPSDの発生にかかわる要因と予防
   B BPSDへの非薬物的アプローチ
   C 各症状への対応
   D 非薬物療法の例
   E BPSDの薬物療法
   F 各種薬物の効果
   G 各種薬物の副作用
   H BPSDの各症状に推奨される薬物
  8. 認知症の人と家族の支援〈北村 立〉
   A 介護保険制度
   B 新オレンジプランにおける取り組み
   C 認知症の人の権利擁護に関する制度
   D 若年性認知症への支援
  9. 若年性認知症を支える〈濱野忠則〉
   A 若年性認知症と高齢者に生ずる認知症を区別すべきか
   B 若年性認知症の有病率
   C 若年性認知症における苦労
   D 若年性認知症の生活状況
   E 若年性認知症の就労
   F 若年性認知症に対するサービス
   G 自立支援医療
   H 成年後見制度
   I 相談センター
  10. 認知症のリスクと予防〈篠原もえ子 山田正仁〉
   A 認知症疾患の遺伝的因子
   B 生活習慣・生活習慣病と認知症発症・認知機能低下に関する観察研究
   C ランダム化比較試験による認知症予防介入研究
  11. ウィズコロナ時代の認知症診療・認知症ケア〈新美芳樹〉
   A 新型コロナウイルス感染症と認知症
   B 認知症診療・認知症ケア
   C ウィズコロナ時代の認知症医療・ケア

II認知症疾患別の診療の実際
  1. Alzheimer病による軽度認知障害/軽度認知症〈野崎一朗 山田正仁〉
   A 症例提示
   B ADによる軽度認知障害・軽度認知症のポイント
  2. Alzheimer病による中等度認知症/高度認知症〈北村 立〉
   A 生活機能障害としてのBPSD
   B 独居の認知症の人に対する訪問看護の活用
   C 介護抵抗の背景にあるうつ状態の把握
   D 終末期のケア
  3. Lewy小体型認知症・認知症を伴うParkinson病〈吉田光宏〉
   A 症例提示
   B 病因・病態
   C 臨床症候
   D 検査
   E 診断
   F 治療
   G 予後
   H ケアのポイント
  4. 血管性認知症・認知障害〈高嶋修太郎〉
   A 症例提示
   B 血管性認知症の概念の経緯
   C 血管性認知症の診断基準
   D 血管性認知症のタイプ別分類
   E 血管性認知症とAlzheimer型認知症
   F 血管性認知症の診断と背景評価
   G 血管性認知症の予防と治療方針
  5. 高血圧性以外の脳小血管病:脳アミロイドアンギオパチー,CADASIL,CARASIL・HDLS〈坂井健二〉
   A 脳アミロイドアンギオパチー(cerebral amyloid angiopathy:CAA)
   B CADASIL(cerebral autosomal dominant arteriopathy with subcortical infarcts and leukoencephalopathy:皮質下梗塞と白質脳症を伴う常染色体優性脳動脈症)
   C CARASIL(cerebral autosomal recessive arteriopathy with subcortical infarcts and leukoencephalopathy:禿頭と変形性脊椎症を伴う常染色体劣性白質脳症)
   D HDLS(hereditary diffuse leukoencephalopathy with spheroid:神経軸索スフェロイド形成を伴う遺伝性びまん性白質脳症)
  6. 前頭側頭葉変性症(前頭側頭型認知症)〈鈴木道雄〉
   A 症例提示
   B 歴史と分類
   C 病因・病態
   D 症候
   E 検査
   F 診断
   G 薬物療法
   H 非薬物療法・ケアのポイント
   I 予後
  7. 嗜銀顆粒性認知症・神経原線維変化型老年期認知症ほかのAlzheimer病類似の変性認知症〈山田正仁〉
   A 症例提示
   B SNAPと非Alzheimer型高齢者タウオパチー
   C 嗜銀顆粒性認知症(嗜銀顆粒病による認知症)
   D 神経原線維変化型老年期認知症(PART病理による認知症)
   E その他(TDP‒43蛋白異常症ほか)
  8. 進行性核上性麻痺・大脳皮質基底核変性症〈坂井健二〉
   A 進行性核上性麻痺(PSP)
   B 大脳皮質基底核変性症(CBD)
   C PSPとCBDの異同について
  9. Huntington病・多系統萎縮症・神経核内封入体病〈石田千穂〉
   A 症例提示
   B Huntington病
   C 多系統萎縮症
   D 神経核内封入体病
  10. 特発性正常圧水頭症・慢性硬膜下血腫〈富岳 亮〉
   A 特発性正常圧水頭症(iNPH)
   B 慢性硬膜下血腫
  11. プリオン病〈浜口 毅 山田正仁〉
   A 症例提示
   B プリオン病
  12. 内分泌・代謝・栄養欠乏性疾患〈林 浩嗣 濱野忠則〉
   A 甲状腺機能低下症
   B 橋本脳症
   C 下垂体機能低下症
   D 副腎皮質機能低下症
   E Cushing症候群
   F 副甲状腺機能亢進症
   G 副甲状腺機能低下症
   H 反復性低血糖
   I 肝性脳症
   J ビタミンB1欠乏症(Wernicke脳症)
   K Marchiafava‒Bignami病
   L ペラグラ
   M ビタミンB12欠乏症
   N 葉酸欠乏
  13. 感染症・炎症性疾患〈岩佐和夫〉
   A HIV‒1関連神経認知障害
   B 多発性硬化症
   C 辺縁系脳炎
   D 神経梅毒・進行麻痺
  14. 薬剤誘発性認知症・認知障害〈長山成美〉
   A 症例提示
   B 疾患解説
  15. 一過性てんかん性健忘〈伊藤ますみ〉
   A 症例提示
   B TEAの症状
   C TEA複合症候群(TEA complex syndrome,TEACS)
   D TEACSの病態機序
   E 長期予後および認知症との関連

索引

すべて見る

執筆者一覧

山田正仁 金沢大学名誉教授/国家公務員共済組合連合会九段坂病院副院長 編著
坂井健二 金沢大学大学院脳老化・神経病態学(脳神経内科学)講師 
小野賢二郎 昭和大学医学部内科学講座脳神経内科学部門教授 
池田篤平 石川県立中央病院脳神経内科診療部長 
上原 隆 金沢医科大学精神神経科学准教授 
川崎康弘 金沢医科大学精神神経科学教授 
東間正人 青樹会青和病院 
篠原もえ子 金沢大学大学院脳老化・神経病態学(脳神経内科学)特任准教授 
松成一朗 埼玉医科大学病院放射線科(核医学診療科)教授 
浜口 毅 金沢大学大学院脳老化・神経病態学(脳神経内科学)准教授 
進藤(中村)桂子 金沢大学大学院脳老化・神経病態学(脳神経内科学)特任助教 
高橋 努 富山大学学術研究部医学系神経精神医学講座准教授 
奥野太寿生 金沢医科大学高齢医学科助教 
森本茂人 金沢医科大学高齢医学科教授 
大黒正志 金沢医科大学高齢医学科教授 
濱野忠則 福井大学医学部第二内科准教授・脳神経内科診療教授 
木戸幹雄 富山大学学術研究部医学系神経精神医学講座助教 
横川正美 金沢大学医薬保健研究域保健学系リハビリテーション科学領域准教授 
菅野圭子 佛教大学保健医療技術学部作業療法学科准教授 
清水充子 埼玉県総合リハビリテーションセンター言語聴覚科 
山脇正永 東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科臨床医学教育開発学分野教授 
金田礼三 金沢大学大学院精神行動科学助教 
長澤達也 金沢医科大学精神神経科学講師 
橋本隆紀 金沢大学大学院精神行動科学准教授 
北村 立 石川県立高松病院病院長 
新美芳樹 東京大学医学部附属病院早期・探索開発推進室特任講師 
野崎一朗 金沢大学大学院脳老化・神経病態学(脳神経内科学)助教 
吉田光宏 国立病院機構北陸病院副院長 
高嶋修太郎 JCHO高岡ふしき病院院長 
鈴木道雄 富山大学学術研究部医学系神経精神医学講座教授 
石田千穂 国立病院機構医王病院脳神経内科診療部長 
富岳 亮 金沢医科大学氷見市民病院脳神経内科教授 
林 浩嗣 福井医療大学保健医療学部リハビリテーション学科教授 
岩佐和夫 石川県立看護大学健康科学講座教授 
長山成美 金沢医科大学神経内科学准教授 
伊藤ますみ 上善神経医院院長 

すべて見る

電子書籍で購入する

認知症診療 実践ハンドブック 改訂2版
   定価6,600円(本体6,000円 + 税)
   2021年04月発行
(外部のサイトへとびます)
認知症診療 実践ハンドブック 改訂2版
   定価6,600円(本体6,000円 + 税)
   2021年04月発行
(外部のサイトへとびます)
  • テキスト・教科書
  • 考え方・使い方
  • J-COSMO
  • J-IDEO
  • J-IDEO定期購読
  • ClinicalNeuroscience
  • ClinicalNeuroscience定期購読
  • 広告掲載をお考えの方へ
  • 企画応募フォーム
  • 動画閲覧・ファイルダウンロード
  • note生殖医療関連
  • 國祭り
  • kunimatsu list
  • note小
  • テキスト・教科書
  • グリーンノート
  • 考え方使い方
  • ClinicalQuestions
  • Facebook

中外医学社 公式Twitter

  • 中外医学社をフォローする
  • 中外医学社についてつぶやく

株式会社中外医学社 〒162-0805 東京都新宿区矢来町62 TEL 03-3268-2701/FAX 03-3268-2722