ログアウト中です。

トップページ精神 > 名作マンガで精神医学

書籍詳細

名作マンガで精神医学

名作マンガで精神医学

林 公一 著

四六 294頁

定価2,090円(本体1,900円 + 税)

ISBN978-4-498-12938-2

2012年06月発行

在庫あり

今や日本の文化であり、題材や表現の幅も拡がり続けている「マンガ」――優れたマンガには、時としてその道のプロをハッとさせるような視点や描写があり、精神科領域においてもそれは例外ではありません。人気サイト「Dr林のこころと脳の相談室」でおなじみの林公一先生が、つげ義春から『ONE PIECE』までの古今の名作マンガをテキストとして、様々な精神疾患の症状から治療に至るまでを専門的に、かつ解りやすく解説します。

出版社からのコメント

本書で取り上げたマンガ作品
『美味しんぼ』(雁屋 哲/花咲アキラ)/『狂人関係』(上村一夫)/『ツレがうつになりまして。』(細川貂々)/『東京怪童』(望月ミネタロウ)/『ドラえもん』(藤子・F・不二雄)/『日々コウジ中』(柴本礼)/『ヒミズ』(古谷実)/『ブラックジャックによろしく』(佐藤秀峰)/『ホムンクルス』(山本英夫)/『MONSTER』(浦沢直樹)/『わが家の母はビョーキです』(中村ユキ)/『ONE PIECE』(尾田栄一郎)/etc.

目 次

一章 統合失調症
 統合失調症の基本知識
 統合失調症の症状
 統合失調症の診断
 統合失調症の本質に迫る
 統合失調症は治療すれば良くなる
 統合失調症は治療を中断すれば再発する
 統合失調症の社会復帰
 早期発見・早期治療
 症状論と原因論
 統合失調症の当事者、家族のために

二章 うつ病
 うつ病は、病気
 うつ病と性格──メランコリー親和型
 自責感──最も「感度」が高い、うつ病の症状
 快感喪失(アンヘドニア)──感度も特異度も高い、うつ病の症状
 うつ病の診断基準
 うつ病の治療と回復
 うつ病の原因としての「内因」

三章 高次脳機能障害
 高次脳機能障害とは何か その一
 脳科学の見る夢
 高次脳機能障害とは何か その二
 障害認定の問題
 認知リハビリテーション
 コウジさんの損傷部位
 明るいコウジさん

四章 パーソナリティ障害
 八百屋お七と放火癖
 精神科医療の真の開示
 サイコパスTの生涯
 サイコパスの誕生
 環境──511キンダーハイム
 遺伝子──ヨハン
 銃弾──脳損傷
 終わりの風景

文献
あとがき

すべて見る

執筆者一覧

林 公一 Dr林のこころと脳の相談室 著
村松 太郎 慶応義塾大学医学部精神・神経科准教授 監修

すべて見る
  • テキスト・教科書
  • 考え方・使い方
  • J-COSMO
  • J-IDEO
  • J-IDEO定期購読
  • ClinicalNeuroscience
  • ClinicalNeuroscience定期購読
  • 広告掲載をお考えの方へ
  • 企画応募フォーム
  • 動画閲覧・ファイルダウンロード
  • note生殖医療関連
  • 國祭り
  • kunimatsu list
  • note小
  • テキスト・教科書
  • グリーンノート
  • 考え方使い方
  • ClinicalQuestions
  • Facebook

中外医学社 公式Twitter

  • 中外医学社をフォローする
  • 中外医学社についてつぶやく

株式会社中外医学社 〒162-0805 東京都新宿区矢来町62 TEL 03-3268-2701/FAX 03-3268-2722